【椎橋慧也】東京オリンピックへの道|ベガルタ仙台:椎橋慧也

Road to 2020 東京オリンピック

今年活躍した若手選手を知りたい!

2018年のJリーグは、若手の活躍が目立ち、主役となる選手が数多く登場しました。

特に高卒3年目の選手は「東京オリンピック」世代ということで、チームで存在感を出しオリンピック代表へ定着したいところでしょう。

チームで主力として活躍するだけでなく、海外移籍する選手も登場し、黄金世代さながらの注目できる世代になってきています。

今回は3年目の選手で、U-21で出場したアジア大会などの国際試合とリーグ戦を並行しながら、チームで主力の地位を確保した選手をピックアップします。

日本代表の未来を担う若者たちを出場記録から評価します。

椎橋慧也(ベガルタ仙台)

氏名椎橋慧也
フリガナシイハシ ケイヤ
背番号5
身長/体重178cm/70kg
生年月日1997年6月20日
年齢21歳
出身地千葉

高校サッカーの名門市立船橋高校から2016年にベガルタ仙台へ入団した「椎橋慧也」選手。

ルーキーイヤーの2016年は出場がありませんでしたが、2年目の2017年には9試合、2018年には17試合出場と着実に出場時間を増やしています。

足元はそこまでうまくありませんが、ディフェンダーとして球際の強さやあと一歩が出る粘りのある選手となっており、ボランチやセンターバックをこなすことができます。

2018年シーズンは大岩一貴選手、平岡康裕選手、板倉滉選手に次いで4番手のCBとして、主に3人が怪我や出場停止、代表招集などで出場できない時に出場を果たしました。

また、シーズン終盤はボランチとしての出場機会を増やし、渡邉晋監督からの信頼も厚くなっています。

板倉滉選手の海外移籍により空いたポジションを奪おうと、2019年シーズンはCBとして出場を狙います。

2019年 J1リーグの成績

試合数17出場時間1,321
得点0出場割合43.2%

リーグ戦34試合のうち、17試合に出場し、うち14試合で先発出場しています。

第16節の横浜FM戦ではスタメン出場したものの、8-2で惨敗し、椎橋慧也選手も前半36分に交代させられてしまいました。その後、21節まではサブの期間が続き、プロの厳しい面を痛感したことと思います。

21節以降はコンスタントにスタメン出場する機会も増え、2019年シーズンへつながる戦いとなりました。

2018年シーズン中盤の苦しい時期を乗り越えたことで、メンタル的にも一回り大きくなれたことでしょう。

2019年シーズンは、3バックの一角としてプレーする可能性が非常に高いです。怪我で開幕に間に合わないという報道もありますが、じっくり怪我を治し、出場機会を増やしてほしいです。

また、海外移籍した板倉滉選手の穴を埋める働きができるか、非常に重要なシーズンとなります。

椎橋慧也選手のプレー動画

【公式】ゴール動画:椎橋 慧也(仙台)77分 セレッソ大阪vsベガルタ仙台 明治安田生命J1リーグ 第27節 2017/9/23

東京世代のライバル

センターバックには、海外組の「富安健洋」選手、「中山雄太」選手、「板倉滉」選手と実績十分な選手がおり、立田悠悟選手も清水エスパルスのレギュラーとして活躍しています。

その他、右WB候補の橋岡大樹選手や、左WB候補の杉岡大暉選手もセンターバックをこなすことができ、ライバルの多いポジションとなります。

現状、センターバック候補としては5番手に位置し、強力なライバルにかつ必要があります。

所属のベガルタ仙台では、ポジションがあり、レギュラーに定着できるチャンスがあるため、チャンスをものにして自分の武器を磨いていってほしいです。

ライバルに負けず、代表に定着してほしいですね!

東京オリンピックに選出される可能性

椎橋選手は2018年5月に行われた「トゥーロン国際大会」には招集されていますが、8月の「アジア大会」や11月の「ドバイカップ」へは選出されていません。

チームメイトにポジションの同じ「板倉滉」選手がいることから、チーム状況により選出されずらい部分もありますが、現時点で当落線上の選手と言えます。

また、多くの選手がセンターバックをこなすことができることから、ディフェンダーのバックアップを招集しない可能性も高いです。

一方で、海外組となった3名は、所属クラブが招集を拒否する可能性があり、誰かが招集拒否となった場合、椎橋慧也選手に白羽の矢が立つ可能性は高いでしょう。

そのため、椎橋慧也選手の選出可能性は50%と予測します。

果たして、選出されるのか?椎橋慧也選手の活躍に期待しましょう!

Jリーグ
SNSでシェアする
LINE@で最新記事をお知らせ!
友だち追加
ENENENJOY