【杉岡大暉】東京オリンピックへの道|湘南ベルマーレ:杉岡大暉

Road to 2020 東京オリンピック

今年活躍した若手選手を知りたい!

2018年のJリーグは、若手の活躍が目立ち、主役となる選手が数多く登場しました。

特に高卒2年目の選手は「東京オリンピック」世代ということで、チームで存在感を出しオリンピック代表へ定着したいところでしょう。

U-21で出場したアジア大会などの国際試合とリーグ戦を並行しながら、チームで主力の地位を確保した選手をピックアップします。

日本代表の未来を担う若者たちを出場記録から評価します。

杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

氏名杉岡大暉
フリガナスギオカ ダイキ
背番号29
身長/体重182cm/75kg
生年月日1998年9月8日
年齢20歳
出身地東京

湘南ベルマーレ所属のDF「 杉岡大暉 」選手。

名門の市立船橋高校出身で、高校の同期にはアルビレックス新潟の「原輝綺」選手やガンバ大阪の「高宇洋」選手がおり、高校総体では優勝を果たした。高校NO.1DFと呼ばれていました。

2018年シーズンでは、リーグ戦にほぼ主力として出場するだけでなく、ルヴァンカップで決勝ゴールを決め、湘南ベルマーレのタイトルに大きく貢献しました。

また、20歳と若手ですが、老け顔であるため、年齢詐称ではないかとネタにされています。

クラブでも代表でもWBを主戦場としており、たまに3バックの左を担当することもあります。

特徴は湘南の選手らしく、走力が武器で、試合中に何度も上下動を繰り返し、試合終盤でもあと一歩を出せる貴重な選手です。

CBやWBをこなせ、高い戦術理解力をもっており、若手らしいプレーというよりはベテラン選手のような落ち着いたプレーで安定感のあるプレーを見せてくれます。

2018年 J1リーグの成績

試合数30出場時間2,507
得点1出場割合81.9%

リーグ戦34試合のうち、30試合に出場し、うち27試合でスタメン出場しています。

また、杉岡選手はアジア大会の出場により、リーグ戦4試合分欠場となっており、その試合数を差し引くと実質93%出場となり、完全な主力としてリーグ戦を戦ったことになります。

杉岡大暉選手のプレー動画

【公式】ゴール動画:杉岡 大暉(湘南)36分 湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス JリーグYBCルヴァンカップ 決勝 2018/10/27

東京世代のライバル

ライバルに負けず、代表に定着してほしいですね。

東京オリンピックに選出される可能性

杉岡選手は2018年11月に行われた「ドバイカップ」や8月の「アジア大会」 、5月に行われた「トゥーロン国際大会」には選出され、主力の選手と言えます。

Jリーグでの実績はトップクラスで、ライバルの筆頭は菅大輝選手ですが、森保監督の起用法を見ると、現時点で左WBのファーストチョイスの選手でしょう。

また、WBのポジションはOA(23歳以上の選手)枠を使用しない可能性が高いため、怪我等が無ければ、東京オリンピックには主力として出場するでしょう。

杉岡大暉選手の選出可能性は80%と推測します。

果たして、選出されるのか?杉岡大暉選手の活躍に期待しましょう!

<DAZNで杉岡大暉選手の活躍を見よう!>

<東京オリンピックの選出予想:WB・ボランチ編>

Jリーグ
SNSでシェアする
LINE@で最新記事をお知らせ!
友だち追加
ENENENJOY