【長沼洋一】東京オリンピックへの道|愛媛FC:長沼洋一

Road to 2020 東京オリンピック

今年活躍した若手選手を知りたい!

2018年のJリーグは、若手の活躍が目立ち、主役となる選手が数多く登場しました。

特に高卒3年目の選手は「東京オリンピック」世代ということで、チームで存在感を出しオリンピック代表へ定着したいところでしょう。

チームで主力として活躍するだけでなく、海外移籍する選手も登場し、黄金世代さながらの注目できる世代になってきています。

今回は3年目の選手で、U-21で出場したアジア大会などの国際試合とリーグ戦を並行しながら、チームで主力の地位を確保した選手をピックアップします。

日本代表の未来を担う若者たちを出場記録から評価します。

長沼洋一(愛媛FC)

氏名長沼洋一
フリガナナガヌマ ヨウイチ
背番号8
身長/体重177cm/66kg
生年月日1997年4月14日
年齢21
出身地山梨

サンフレッチェ広島から2016年にサンフレッチェ広島へ入団した長沼洋一選手。

ドリブル突破が得意なサイドプレイヤーで、クラブチームではサイドバックやWBのポジションでプレーしています。

攻撃面に特徴がある一方、守備は少し苦手で、サイドバックとしては起用が難しい選手で、WBが本職と言える選手です。

初年度はサンフレッチェ広島ではリーグ戦で出場機会を得ることができず、2年目からはJ2のモンテディオ山形へレンタル移籍します。

モンテディオ山形でも出場機会を中々得られず、2018年シーズンからはFC岐阜に移籍となりました。

2018年は少し出場機会を得ることができましたが、サイドバックで起用されていたこともあり、守備面の不安から、レギュラー定着には至りませんでした。

2018年 J2リーグの成績

試合数17出場時間740
得点0出場割合19.6%

リーグ戦42試合のうち、17試合に出場し、うち5試合で先発出場しました。

FC岐阜では、安定した出場機会を得ることができず、悔しい思いをしたシーズンでした。

チャンスビルドの面では、それなりに通用していましたが、守備面の不安から、監督の信頼を得られなかったことになります。

2019年シーズンは、愛媛FCへ所属先を変え、出場機会を増やしています。

ドリブルやクロスは、既にJ2トップクラスの実力を示しており、同じ世代の神谷優太選手とともに、愛媛FCの攻撃を引っ張る存在となってきています。

6月に行われるトゥーロン国際大会のU-22代表としても選出され、東京オリンピックを見据え成長しています。

長沼洋一選手のプレー動画

【公式】ゴール動画:長沼 洋一(広島)88分 ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 2017/4/26

東京世代のライバル

WBの選手がライバルとなります。

WBは、左サイドの層が厚く、杉岡大暉選手と菅大輝選手がほぼ選出を確実にしていると言えます。

一方で、右WBは層が薄く、橋岡大樹選手が2018年シーズンに出場機会を確保し一歩リードとなりましたが、2019年シーズンは怪我の影響もあり、なかなか試合に絡めていない状況です。

長沼洋一選手はこれまで、右WBのファーストチョイスの選手でした。しかし、新鋭の相馬勇紀選手などの伸び盛りの選手もおり、誰が選出されるのか未知数な部分もあります。

また、東京オリンピックのOA枠(23歳以上の選手)は、GK、ボランチ、FWの選手が有力視されていますが、GKに20歳の大迫敬介選手が台頭し、OA枠を右WBの選手で賄う可能性も十分にあります。

OA枠との兼ね合いもあり、選出が一番不透明なポジションと言えるでしょう。

ライバルに負けず、代表に定着して欲しいですね!

東京オリンピックに選出される可能性

長沼選手は2018年8月に行われた「アジア大会」や11月に行われた「ドバイカップ」には選出されましたが、5月に行われた「トゥーロン国際大会」には選出されておらず、当落選上の選手と言えます。

右WBのファーストチョイスの選手ではありますが、相馬勇紀選手や橋岡大樹選手と比べ横一線の状態と言えます。

2019年シーズンは、愛媛FCでレギュラーとして活躍しており、攻撃面で特徴を出せるようになってきています。

もう一点気になることと言えば、所属のサンフレッチェ広島(愛媛FCはレンタル移籍中)には、ボランチの松本泰志選手とGKの大迫敬介選手がおり、現時点で出場が固い選手となっています。

2019年のレンタル移籍を終え、サンフレッチェ広島に戻った場合、Jのクラブからは慣例的に2名しか選出されないということもあり、クラブ事情で選出できない可能性もあります。

そのため、2020年シーズンもサンフレッチェ広島には戻らず、他のクラブへレンタル移籍して東京オリンピックに選出されるのを待つほかありません。

2019年シーズンの活躍的に、サンフレッチェ広島がクラブへ戻ってくるように依頼する可能性は十分にあります。

2020年シーズンの所属という点でも、非常に注目される選手ではないでしょうか。

このようなクラブ事情を解決できたとして、東京オリンピックに選出されるには、同世代との争いに勝つ必要があります。

橋岡大樹選手、長沼洋一選手、相馬勇紀選手、そしてOA枠の選手の中から、1~2名の選出が現実的です。

そのため、長沼洋一選手の選出可能性は40%と予想します。

果たして、選出されるのか?長沼洋一選手の活躍に期待しましょう!

Jリーグ
SNSでシェアする
LINE@で最新記事をお知らせ!
友だち追加
ENENENJOY